*

夏バテに効く大豆

公開日: : 最終更新日:2013/09/03 大豆

枝豆
 各地が早々と梅雨明けを宣言する中で、取り残されたかのような天気予報
の日々だった仙台にも、いよいよ猛暑がやってきます。
連日のように猛暑だ異常気象だと脅されているので、みなさんも例年になく
体調管理を気にかけていらっしゃるのではないでしょうか。
日差しや気温の影響で急に発症する熱中症と違い、夏バテの原因は日々の
生活でジワジワと蓄積されていくので、すぐに治せるものではありません。
食欲が落ちて夏バテスパイラルに陥る前に、日々の食生活から対策していきましょう。

夏バテの原因として有名なのはエネルギー源であるビタミンB1の不足ですが、
もう一つの大きな原因に「カリウム」の不足があります。
カリウムとはミネラルの一種で、筋肉をスムーズに動かす働きがあり、
不足すると筋力の低下や疲労を感じるようになります。
色々な食べ物に含まれているので普段は不足することがないのですが、
汗と共に流れてしまう性質があるので、大量の汗をかく夏場に不足しやすい栄養素なのです。

それでは夏場には何を積極的に食べればいいのでしょうか。
カリウムが豊富な食べ物には、パセリやザーサイ、ホヤなどがありますが、
毎日食べるなら煮豆や納豆、枝豆などのいわゆる「大豆」がオススメです。
中でも納豆は消化しやすいので弱った胃に優しく、枝豆はサヤから押し出す時の感覚が食欲を刺激してくれるといった面白い調査結果もあります。
しかも大豆にはビタミンB1も豊富なので、夏バテ対策には打ってつけの食べ物といえるでしょう。
朝は納豆と味噌汁、夜は枝豆とビールで、夏を美味しく過ごしてください。
by杉山

大豆の通販はこちら
大豆販売

関連記事

no image

大豆本来の味を楽しむのは

卸町店長の千葉です。 ついこの間、かやくご飯を久しぶりに作りました。かやくご飯いわゆるおこわ飯

記事を読む

no image

大豆に含まれるサポニン

すずやのメルマガ 妻が水だけで汚れが落ちるスポンジを買ってきました。 メーカー独自のアクリル

記事を読む

no image

全粒きなこを開発中

すずやのメルマガ 納豆の製造をお願いしている業者の方とお会いしてきました。 今度は全粒きなこ

記事を読む

no image

昔から、味噌を造る人の手は白くてスベスベしていると言われています。

すずやのメルマガ 「味噌を造る人の手は白くてスベスベしている」 昔からよく言われている話

記事を読む

ミックスビーンズのオリーブオイル漬け

ブレンド豆三種類 こんにちは朝市店長です。 仙台は梅雨真っ只中。 蒸し暑い日が続いてい

記事を読む

no image

「きなこ」を自分で作れますか?

すずやのメルマガ 「きなこを自分で作れますか」とのお問い合わせを頂きました。 煎り豆はと

記事を読む

no image

味噌作りセットが売れてます。

すずやのメルマガ 先月の売れ筋商品を調べてみたら、 「味噌作りセット」が大躍進していることが

記事を読む

no image

必須アミノ酸を、昔の日本人は豆や雑穀の組み合わせでを摂取していました。

すずやのメルマガ 私たちの体を構成する成分の60%は水分、 そして20%弱は「タンパク質」で

記事を読む

no image

仕込んで10ヶ月あまりたった味噌

すずやのメルマガ 去年の3月に味噌を大量に仕込んだのですが、 その中の1つの甕の存在をずっと

記事を読む

no image

最近ネットで見かけたキーワード

卸町店長の千葉です。 このFacebookを担当するようになってから、記事を書く上でいろいろと

記事を読む

高原花豆フライ
高原花豆をまさかのフライに?!

こんにちは、朝市店長です。 ひと雨ごとに秋の気配が・・・というフ

鞍掛豆水煮のレシピ
鞍掛豆の水煮を使ったレシピ

 鞍掛豆はそこそこ知られていて、黒い部分が馬の背に 鞍を乗せたように

鞍掛豆入 玄米ご飯
鞍掛豆いり 玄米豆ご飯

鞍掛豆の水煮を使ったレシピ 玄米のプチプチと鞍掛豆のホクホクがおい

鞍掛豆のひじき和え
鞍掛豆のひじき和え

鞍掛豆の水煮を使ったレシピ 市販のお惣菜で手軽に一品。 材料

鞍掛豆とハト麦のサラダ
鞍掛豆とハト麦のサラダ

鞍掛豆の水煮を使ったレシピ はと麦が入ってお肌もツルツル?!

→もっと見る

  • 2018年6月
    « 9月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 弊社は全国でも珍しい「豆と雑穀の専門店」です。 国内外より厳選した60種類以上の穀物を取り揃えております。
    豆や雑穀がもっと身近な存在になるよう、レシピや薀蓄も交えながら、 穀物とお客様を繋ぐ架け橋の役割を果たして参ります。
PAGE TOP ↑