*

雑穀屋の粗食のすすめ完結

公開日: : 最終更新日:2012/10/21 雑穀

卸町店長の千葉です。

5月に入り話題を拾ってきた書籍「粗食のすすめ」からの話も今回をもって完結の運びになりました。仕事柄、何か参考になる書物をと図書館に探しに行きたまたま眼にしたこの粗食のすすめには、穀物の販売業を営んでいるうえで大変、考えさせられたり驚かされたりした本でした・・・

前回は、作者の理想とする食卓の比率が主食を5とし、3.1.1が健康面等において最高だと言う事にふれましたが、今回はさらに理想な季節の献立にふれてもいきたいとおもっております。作者は、お米においてもお勧めのご飯は5分つきだと述べています。
お米を一番の主食としても白米はあまりにも白すぎるので、健康を意識するなら出来る限り精白度の低い米を常食をすすめたいとの事です。

お米は、籾殻を取っただけで精米していないのが玄米で糠が付いたままでして、それを少し精米をしたのが3分つき米で、更に玄米を半分精米をしたのが5分つき米です。
それを更に白くしたのが7分つき・白米となります。玄米が理想ですが、好みの合わない人もいるのでご家族で食するのは難しいでしょうとの事です。7分つきになると白すぎるきらいがありますので5分つき米をおすすめします。玄米をお米屋さんでついてもらうか、家庭用精米機でつく事が出来ます。最近は、スーパー等の一角に精米機を設置しているところもありますので、そこでつく事も出来ます。

その未精米の食することとあわせて、雑穀類を入れて炊かれることを推進します。最近の雑穀ブームに合わせて、スーパー等でも雑穀を販売してきておりますので、以前に比べては手に入りやすくなっては来ています。あわ・ひえ・きび・麦などの雑穀類は、お米にない特徴として、カルシウムや鉄分が非常に多いことが挙げられます。お米は主食として優れた食べ物ですが、さらに栄養的面を充実させるには雑穀類を利用するのがたいへん効率的です。

お米だけでも甘みがあって美味しいのですが、雑穀を入れることにより滋味豊かな味わいを楽しめるので雑穀を取り入れた未精米を主食にして頂きたいと作者は述べておりました。

雑穀と言いましても種類や特徴がありますので、これについては後々ふれていきたいと思います。

作者は、朝ご飯においても理想なくみ合わせを書かれております。
仕事上、作者は病院関係者から食事相談をもされる事があるそうです。相談を持ち込むのは、病院に入院なされている癌を患った方々だそうです。接する患者さんも若年層が増えて来ているとの事、特に乳がんを患う若い世代が増えてきていて20~30歳代も珍しくなくなってきているそうです。病気の原因を食生活で表わすのは無理ですが、その若年層の乳がんを患った患者さんたちの食生活は極めて似ているとの事です。中でも特徴的なのは、朝食にご飯を食べてる人はまれで、パン食の人がほとんどだそうです。国内で市販されているパンにはたいてい砂糖が含まれていて、お菓子に近い状態だとも述べております。パンもよく選ばなければ食品添加物が含まれているのがほとんどだそうです。
そこにバターやマーガリンを塗り、副食にはサラダ&ドレッシングか野菜炒めにハムエッグ等が一般的になっています。季節に乏しく、朝から油だらけの食事になっています。こんな食生活を続けていたら問題が出てきても不思議でないとまで述べております。
一方、ご飯食なら季節の具の入ったおみそ汁や漬物・焼き海苔・納豆が良いとの事、そこにもう一品付け加えるとしたら魚の干物か野菜のお浸しがよいでしょう。 これだと、食品添加物はほとんどなく、油脂や糖分の摂りすぎを心配する必要もありません。朝ご飯とは、文字どうりにご飯を食べる事だと言っています。健康に注意をするならば朝ご飯を食べる。それが食生活改善の第一歩だとも書かれておりました。

そして、最後に作者は粗食についてこう述べられておりました。「粗食のすすめ」を出版してから粗食とは何かと尋ねられる事が増えたそうです。作者が本を出される以前から同様な傾向について書かれた本が「日本料理」・「伝統食・郷土料理」などタイトルはさまざまです。そこで、あえて作者が粗食としたのはこれまでに出版された本が、ハレとケを混同して取上げてきていたことへの違和感を感じたからだそうです。
ハレと言うのは特別な日(祝い事)の食事で、ケとは普段の生活での食事だそうです。
わかりやすく言えば、ハレの食事にあたる天ぷら・茶碗蒸し・御寿司や刺身を取上げる本が目立っていたそうです。もちろん、それらもれっきとした和食ですが、私たちが今日まで生かされてきた食事は、母親が毎日作ってきた物で、御寿司や天ぷらではなく、ご飯・みそ汁に漬物を中心とした季節の野菜料理や豆類・魚介類などを摂る食事です。
作者は、それを抜きにした食事は和食とは言えないと言う意味を込めて粗食と言う言葉にしてみたそうです。そして最後に、美味しいご飯とみそ汁に漬物があれば何もいらない・・・
それこそが、我々が守るべき日本食ではないでしょうか。

「粗食のすすめの」の巻末に、作者が季節の物を使った理想的な食膳の献立を一つの例として取上げていました。これは、あくまでも作者から読者への例として書かれたものですので参考として季節にそった献立を書きます。

春の膳 ご飯(玄米)鰆の味噌漬け・山菜の白和え・らっきょう漬け・じゃがいもと絹さやのみそ汁・番茶
夏の膳 ご飯(7分つき米)鯵のたたき・そら豆の含め煮・茄子漬け・茄子のみそ汁・番茶
秋の膳 ご飯(3分つき米)秋刀魚の胡麻たれ焼・大根の糠漬け・しめじのみそ汁・番茶
冬の膳 ご飯(5分つき米)金目鯛の煮付け・ほうれん草のお浸し・白菜漬け・かぶと油揚げのみそ汁・番茶
以上が作者から読者への参考として載っていた献立の一例です。

これをそのまま真似ろとは言いませんので、あくまでも参考として季節にあった野菜料理やおみそ汁を取り入れた食事に心がけましょう。

5月に渡って取上げてきた「粗食のすすめ」は此れにて完結といたします。この本に出会って、色々な事に気づかされたり考えされたりして、自分自身としては本当に仕事をするうえでいい本にめぐり合えたと思います。皆様の中でも「粗食のすすめに」興味を持たれた方がございましたら、一度、読まれてみるのも宜しいかとは思います。

白米

 

 

 

 

 

 

関連記事

no image

雑穀の知名度

すずやのメルマガ お弁当を持っていく用事があったので、 僕が作った「香るブレンド雑穀」でおに

記事を読む

no image

シコクビエの栄養価は雑穀の中でもトップクラスです。

すずやのメルマガ 以前メルマガで「シコクビエ」の情報を募ったのですが、 なんとあるお客様から

記事を読む

no image

麦飯は贅沢品

卸町店長の千葉です。 仙台駅東口に、仙台市が管理している図書館があります。 場所柄と施設規模

記事を読む

no image

穀物中心で理想の食卓

卸町店長の千葉です。 新緑に彩られた、5月も後僅かですね。光陰、矢の如しと言いますがまさに月日

記事を読む

no image

パクチーハウス東京「cocuu(こくう)」の雑穀ブランチ

すずやのメルマガ 当店の豆や雑穀を買っていただいているお客さんが、雑穀ブランチのお店を始めたと

記事を読む

no image

雑穀と美容

すずやのメルマガ 雑穀にはそれぞれ色々な特長がありますが、 今回は夏にふさわしく「美容」に関

記事を読む

no image

麦飯の割合

すずやのメルマガ 網走刑務所で出される「くさい飯」は、麦3:米7の割合。 ということで早速挑

記事を読む

はと麦 サラダ

はと麦 美容の雑穀

こんにちは。朝市店長の石垣です。 この夏の疲れたお肌に良いらしい、おまけにつるつるお肌に な

記事を読む

雑穀ドレッシング

簡単!雑穀ドレッシング

こんにちは、朝市店長です。 今年の春は寒暖の差が激しく、私も 久々に風邪をひいてしまいました。

記事を読む

no image

必須アミノ酸を、昔の日本人は豆や雑穀の組み合わせでを摂取していました。

すずやのメルマガ 私たちの体を構成する成分の60%は水分、 そして20%弱は「タンパク質」で

記事を読む

高原花豆フライ
高原花豆をまさかのフライに?!

こんにちは、朝市店長です。 ひと雨ごとに秋の気配が・・・というフ

鞍掛豆水煮のレシピ
鞍掛豆の水煮を使ったレシピ

 鞍掛豆はそこそこ知られていて、黒い部分が馬の背に 鞍を乗せたように

鞍掛豆入 玄米ご飯
鞍掛豆いり 玄米豆ご飯

鞍掛豆の水煮を使ったレシピ 玄米のプチプチと鞍掛豆のホクホクがおい

鞍掛豆のひじき和え
鞍掛豆のひじき和え

鞍掛豆の水煮を使ったレシピ 市販のお惣菜で手軽に一品。 材料

鞍掛豆とハト麦のサラダ
鞍掛豆とハト麦のサラダ

鞍掛豆の水煮を使ったレシピ はと麦が入ってお肌もツルツル?!

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 弊社は全国でも珍しい「豆と雑穀の専門店」です。 国内外より厳選した60種類以上の穀物を取り揃えております。
    豆や雑穀がもっと身近な存在になるよう、レシピや薀蓄も交えながら、 穀物とお客様を繋ぐ架け橋の役割を果たして参ります。
PAGE TOP ↑