*

夏休み

公開日: : 最終更新日:2012/08/24 未分類

夏休みも終盤です。
仙台の小学校の夏休みは25日までなので、もうほんのわずか。

ところで「ラジオ体操」、皆さんはやりました?
今は(私の地区限定かもしれませんが)始業日
一週間前だけなんです。
日常のリズムを休みモードから学校モードに切り替えるため
らしいのですが‥。

で、第一回目に子どもと行ってきました。
「子どもの見本にならなくちゃ!」と、初めてに近いくらい
真剣にラジオ体操やりましたよ~。ところが!

体が曲がらない!反らない!回らない!
こんなになまっていたなんて‥

息を荒げて格闘している私の隣で、息子はと言うと
「だり~、わかんないし~」って態度がミエミエ(-_-メ

まったく‥。
でも色々と事情は変わってしまったんですねぇ。

まず、子どもたちだけでなく親もたくさんいます。

6年生の子がリーダーとなって引っ張っていますが、子供の
付き添いの親御さんがずいぶんといらっしゃいました。
(ちなみにこの日のかぁちゃんは当番で出ました)

そして、夏休み中毎日じゃないってこと。

私が子どもの頃は毎朝で、実家から体操の広場まで
子どもの足で10分くらいでしょうか。

前回もお話しましたが、ド田舎の私のふるさと。
朝露とか木漏れ日とか鳴き始めたセミの声とか、今考えると
夏をタップリと感じて、なんてぜいたくな時間だったんだと
ちょっと悔しくさえ思います。
(子どもの頃は考えもしませんものね。ねむいよ~って笑)

さて、「僕もうドリル終わったよ」と胸を張る息子。
確かにドリル、最初の3日で終わりました。

でもね息子よ、あさがおの観察とか一日の出来事とか、
他のことが1つも出来ていないんだよぉぉーー(*_*)!!

黒豆茶

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

no image

花豆栽培(30) 枯れ……

早坂父の花豆栽培日記 下の葉っぱが枯れ出しました(◎o◎)  

記事を読む

no image

幻のもち米 女鶴伝説

卸町店長の千葉です。 4月に入り入学・入社祝にお赤飯を炊いたり、筍の季節やほっき貝の水揚げの時

記事を読む

no image

すずやのメルマガ

年末に向けてスタッフが増えるので、机の配置を検討中。 空間認識が甘くて頼りにならない店長の杉山です

記事を読む

no image

南米大陸各国の国民食で使われる「いんげん豆」 カナリオ豆,フェジョンプレット,カリオカ豆

こんにちは、朝市店長石垣です。 朝市店の店頭には、 1.今話題の商品 2.季節の行事にちな

記事を読む

no image

すずやのメルマガ

2月に仕込んだ味噌が食べられるようになったと思ったら、 仙台中央卸売市場から「金華さば」をいただい

記事を読む

no image

すずやのメルマガ

丸麦は大麦を精白したものです。 これをローラーで平らに潰したものが押麦と呼ばれます。 イネ科

記事を読む

no image

仙台光のページェント

私の住む仙台では“光のページェント”が始まり ました。 街路樹にイルミネーションを灯したものなの

記事を読む

no image

スカイダイビング

すずやのメルマガ 誕生プレゼントのスカイダイビングに行ってきました。 けっきょく妻も娘も飛ん

記事を読む

no image

小学一年生の母親一年生

春、ですね。 仙台は、あったか~い♪と思うと翌日にはガツンと寒くなったり、 花粉や黄砂が飛んでみ

記事を読む

雑穀ドレッシング

簡単!雑穀ドレッシング

こんにちは、朝市店長です。 今年の春は寒暖の差が激しく、私も 久々に風邪をひいてしまいました。

記事を読む

高原花豆フライ
高原花豆をまさかのフライに?!

こんにちは、朝市店長です。 ひと雨ごとに秋の気配が・・・というフ

鞍掛豆水煮のレシピ
鞍掛豆の水煮を使ったレシピ

 鞍掛豆はそこそこ知られていて、黒い部分が馬の背に 鞍を乗せたように

鞍掛豆入 玄米ご飯
鞍掛豆いり 玄米豆ご飯

鞍掛豆の水煮を使ったレシピ 玄米のプチプチと鞍掛豆のホクホクがおい

鞍掛豆のひじき和え
鞍掛豆のひじき和え

鞍掛豆の水煮を使ったレシピ 市販のお惣菜で手軽に一品。 材料

鞍掛豆とハト麦のサラダ
鞍掛豆とハト麦のサラダ

鞍掛豆の水煮を使ったレシピ はと麦が入ってお肌もツルツル?!

→もっと見る

  • 2020年11月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 弊社は全国でも珍しい「豆と雑穀の専門店」です。 国内外より厳選した60種類以上の穀物を取り揃えております。
    豆や雑穀がもっと身近な存在になるよう、レシピや薀蓄も交えながら、 穀物とお客様を繋ぐ架け橋の役割を果たして参ります。
PAGE TOP ↑